2012年度参加者 合格の声

 

愛知県中学社会 現役合格 女性

葵での経験は教員採用試験合格になくてはならないものでした。

葵の面接練習は「こんな些細なことが!?」というようなことまで教えてもらう事ができます。実際に試験を受けてみて些細なところこそ大切だという事を実感しました。

 

また面接練習初期は自分が質問に答えている内容が思っている以上に相手に伝わっていなかったことがあります。さらには質問に対してきちんと答えられなかったことがありました。自分では気づくことができない部分を見直し、改善するとても良い機会になりました。

さらに小論文や願書等、私達学生は特に添削してくれる人や先生がいないため本当にお世話になりました。

葵には教員を目指し、一緒に頑張ってくれる仲間がいました。一緒に採用試験に向けて頑張った仲間は今でも大切な存在です。

 

三浦一心先生はよく「合格は自分からもぎ取りにいくもの」とおっしゃっていました。葵では受け身ではいられない雰囲気と自分から動いてやろうと思える環境があります。三浦先生ご自身も自ら授業研究を行い積極的な姿を私達に見せてくださりとても良い刺激となってくださいます。また私達が求めれば沢山の情報を与え、私達の採用試験に全面協力をしてくださいました。

 

私の中学校社会という、厳しい倍率を突破できたのも三浦先生の対策、多くの先生方や仲間たちのおかげだと実感しています。

本当に葵に来てよかったです。今後も三浦先生から学び一人前の教師を目指したいと思います。

 
【愛知県小学校合格 男性】
 
講師5年目、学生時代から合わせて6回目の受験で初めて合格することができました。
葵に出会って分かったことが、二つあります。
 
合格するためには正しい努力をしなければいけないこと
その努力を継続させるためには共に学ぶ仲間が必要

 
葵に参加するまで、「このまま教員を目指すべきなのか」と悩んだことがありました。葵のみなさんと一緒に学ぶことで、その迷いがなくなりました。プロの教師になるんだ、という決意ができました。学生さんはもちろんですが、講師をされていて悩んでいる方がみえたら、ぜひ葵に来て欲しいです。一緒に学んで行きましょう。
 
【愛知県中学美術合格 女性】
 

私が教採対策に参加させて頂いたのは5月の始めでした。そして対策が終わった後に抱いた感想は「面接ってここまで言えなきゃいけないんだ」という驚きと、面接当日に思った事を言えばいいと思っていた私の浅はかな考えに対する恥ずかしさでした。

そう思うほど葵に参加されていたみなさんの教採に受かりたい・教師になりたいという熱意とそれに向けての準備は私にとって衝撃でした。そして参加されていた皆さんのように私もなりたいと思い、参加させて頂くようになりました。

 葵に参加して良かったと思うことは数多くありますが、その中でも
 
・同じ目標に向け頑張っている人がいると知れたこと。
大勢の方と練習することにより自分の出来ていること出来ていないことが分かったり教えて頂けたこと。
・参加されている方や指導して頂く先生方の発言や意見を聞き、刺激を受けられたこと。
・教採の情報だけでなく礼儀や姿勢、言葉遣い、周囲の人や面接官へ感謝の気持ちを持つなど、人として成長できることを多く学べたこと。
 
葵の特徴であり良さであり、また私が試験に向けて学んでゆく中で葵に参加し続けたいと思えるモチベーションのようなものでした。
試験勉強は孤独です。ですが、週1回葵に参加することにより、様々な刺激を受けられますし、同じ目標に向けて頑張る仲間がいると再確認できるのは気分転換にも、気持ちを引き締めることも出来ました。
葵や葵の先生方、参加されていた方々との出会いと、そんな場に参加させて頂けた感謝の気持ちでいっぱいです。本当に有難うございました。
 

2012年参加者の声

 

【愛知県小学校2年目 男性】

温かい雰囲気のサークルです。だから、私も自然と参加し続けています。大家族みたいな葵のメンバーがいて、教師として高め合えるサークルがあるというのは、とてもありがたいです。

 
<教採対策について>

楽しく、しっかりと教採対策をしています。合格への力が身につきます。そして、より価値のある教師、学校現場でへこたれない教師となる術を学んでいます。

【大阪府特別支援学校1年目 男性】

葵は家族です!!
参加するたびに離れていても自分は葵の一員だと思える様な暖かさ

があります。

教師として不安になることもありますが、頼れる仲間が葵にはいて、
よりよい教師を目指して互いに高めていけれる。
 
常に子どものためにあろうとする仲間がいるからこそ
私は常に前向きに教壇に立って子どもに接することができる
 
葵の仲間は最高です!!

【愛知県小学校講師 女性】

私は教員採用試験を二度受けて二度失敗してしまいました。
面接や小論文が苦手なのに、できない自分を知るのが怖くてその対策を怠っていました。
しかし、葵に来て「できるからやるのではない、できないからやるのだ」ということに気づかされました。
葵にはできない自分を熱く、そして温かく励ましてくださる先生方がたくさんいます!
私がこうして自分の苦手を克服しようと前向きに取り組めているのは葵に参加している以外に考えられません。
一緒に合格をつかみましょう!
お待ちしています!